腰部脊柱管狭窄症には様々な原因がある~腰の痛みをミルミル改善~

腰痛

腰痛や下肢のしびれの病気

誰もが発症する可能性のある、腰部脊柱管狭窄症の治療をするなら保存的治療を積極的に受けましょう。症状の緩和方法も紹介していますよ。

原因と症状

腰痛

腰部脊柱管狭窄症の原因は様々です。椎間板ヘルニアや変性すべり症、加齢にともなう椎体、椎間関節や椎弓の変性などが挙げられます。また、外傷や先天的な骨の形成不全による場合もあります。重いものを持つなど重労働者や、スポーツ等で腰を痛めたことがある方、長距離運転手などが生活状況にも影響されることがわかっています。これらの原因により腰椎内部の神経の経路である脊柱管が狭くなることにより、神経組織が圧迫され、腰部脊柱管狭窄症症状が出現します。狭窄部分の痛みや、下肢の張りや違和感のほか、腰部脊柱管狭窄症のもっとも特徴的な症状が間歇跛行(歩行時にしびれや歩きにくさを感じるが、休むとまた歩けるようになる)です。さらに症状が悪化すると、歩行時に尿意を催すなどの排尿障害や便秘、会陰部の灼熱感などの異常を感じることもあります。

治療

まずは保存療法を試みます。消炎鎮痛薬の他に、神経の血流を促進する血流改善薬が使われます。強い痛みに対しては神経ブロック注射が有効です。数回行うことで痛みが軽減する場合もあります。さらに牽引や温熱療法などが併用される場合もあります。また、前かがみの姿勢を意識したり、やサポーターを使用することで症状の軽減が見られる場合もあります。これらの治療で症状が改善されず、日常生活に支障が出てきた場合、手術療法を考えます。腰部脊柱管狭窄症の手術には「開窓術」「椎弓切除術」「脊柱管拡大術」などがあり、痛みの原因、範囲、症状、程度によって異なります。手術によってすべての症状が解消されるとは限らないため、主治医とよく相談して決めることが大切です。

歩きづらかったら注意

doctor

腰部脊柱管狭窄症は、腰の痛みを伴う病気であり、高齢者や腰に負担のかかるお死語音をしている人に多い病気です。腰部脊柱管狭窄症を患っている場合は、日常生活で腰に負担をかけることは良くなく、悪化する前に病院で治療を受けることが大切です。

Read More...

症状を緩和させる治療

doctor

頸椎椎間板ヘルニアは、上を向いた時に、神経の根元がより圧迫を受けやすくなります。したがって、下を向くと症状が軽減されるのです。治療法としては、神経にアプローチする神経ブロック療法が注目を浴びています。その代表的なものが、星状神経節ブロックになります。

Read More...

頸部は体の大切な部分

hospital

頸椎椎間板ヘルニアは、体全体を動かす神経が集まっている場所です。この部分の神経が何かの原因で飛び出してしまい症状が起きているのです。これは整形外科の範囲で手術が行われます。最新の注意を払いながら頸椎椎間板ヘルニアの手術は行われます。

Read More...