フラット35への借り換えを検討してみよう【メリットをリサーチ】

見直しのチャンス

紙幣

ローンを減らす方法

景気の回復を大きく感じることができない今、住宅ローン金利は低い水準のままとなっています。そんな今が借り換えのチャンスです。借り換えをして少しでも支払いを少なく、もしくは年数を減らしていきましょう。特にフラット35から他銀行のフラット35への借り換えはオススメです。フラット35はその名の通り、35年間利率が変わることなく、支払い金額も変わらないローンです。利率が変動しないため、景気の影響を受けにくく、値上がりすることがありません。このため、生計が立てやすいといえます。ここ何年かは景気の回復がないため、フラット35でローンを組み、そこから5年程立っていれば、かなり利率が変わっていると思います。銀行によって利率は変わりますが、ほぼ同じような利率となっています。このため、比較すべきは、手数料です。特にネット銀行などでは人件費を引いた分、手数料が低くなっています。借り換えシミュレーションも簡単に行えますので、まず始めに行うといいでしょう。借り換えにかかる費用は手数料、保証料、団信保険料、印紙代等の経費です。これらは、ローンに組み込むことができます。これらすべての費用を差し引いてもローンが下がるのであれば、メリットがあるといえます。借り換えは銀行へ行ったり、比較したりと大変ではありますが、その分メリットは100万単位になることがあり、非常に大きいです。フラット35で安心と安定の生活を送りましょう。