腰部脊柱管狭窄症には様々な原因がある~腰の痛みをミルミル改善~

腰痛

頸部は体の大切な部分

頸部の役割

hospital

頸椎椎間板ヘルニアは、頸椎の中にある神経がなにかしらの原因で飛び出してしまう事で起きる疾患なのです。頸椎に異変が起きると手の握力が落ちてしまうものです。更に痛みやしびれを感じることがあるのです。目で見える場所は手の痩せ方です。この様な症状があると生活が不自由になってしまうのです。頸椎椎間板ヘルニアは手術で治る疾患です。術式はいくつかあるのですが医師の診察により一番適している方法で行われる事が多いのです。ほとんどの手術は全身麻酔で行われているのです。頸椎椎間板ヘルニアの手術は医療技術の進歩により後遺症が残らずに短時間で終わることが多いのです。それだけ多くの人が頸椎椎間板ヘルニアになり手術を受けているからなのです。

頸部は神経が集まっている

頸椎椎間板ヘルニアの手術を受けた後は今まで手の痛みやしびれ等があることで上手く出来なかった事をスムーズに行えるのです。これは手の機能が頸椎椎間板ヘルニアで落ちていたのに回復して元通りの機能が使えるようになったからです。頸椎という場所は手足を動かす部分だけではないのです。呼吸をしたり食べ物を飲み込む神経がある場所です。生きていくために大切な部分です。頸椎椎間板ヘルニアにより唾を上手く飲み込むことが出来なくなるときは病院では吸引という方法を使います。肺に流れないように吸い込む事が必要になってくる部分でもあるのです。体全体を動かす神経の束がある場所です。ですので手術はベテランの医師が行う事が多い頸椎椎間板ヘルニアなのです。