フラット35への借り換えを検討してみよう【メリットをリサーチ】

ずっと固定の低金利

男性

土日の相談も可能

マイホームを購入する際には、ほとんどの方が住宅ローンを利用されます。しかし、住宅ローンと一言で言っても、金利も違えば金利タイプも異なります。金利が2%以上、または変動金利タイプの住宅ローンを借りている方は、早期にフラット35への借り換えを検討しましょう。フラット35とは、全期間固定金利タイプの住宅ローンです。どんなに金利相場が上昇しても金利が上がらないため、金利変動リスクが一切ありません。また、フラット35の現在の金利は1.1%から1.3%前後となっており、返済総額を大きく抑えられます。さらにフラット35は繰り上げ返済手数料が無料であるほか、保証人や保証料が必要ありません。毎日の生活に余裕が生まれるため、多くの方がフラット35に借り換えをされています。借り換えの目安となるのが、住宅ローン残高が1000万円以上あること。また、ローン期間が10年以上残っていること。現在の住宅ローンの金利が2.0%以上であること。この3つの目安に1つでも当てはまる場合には、返済総額を少なくできます。ローン残高によっては数百万円もお得になるため、豊かな老後を迎えられるのは嬉しいポイントです。フラット35を取り扱っている金融機関の多くが、申し込み前にシミュレーションを行ってくれます。どれほど返済総額を抑えられるかを知るために、まずは借り換え相談を行いましょう。土日の相談に対応している金融機関が多いため、休日に気軽に相談できます。