腰部脊柱管狭窄症には様々な原因がある~腰の痛みをミルミル改善~

腰痛

症状を緩和させる治療

症状が軽減されます

doctor

頸椎は、人が目で物を見て認識して行動を起こすために、初めに働く部分で、広い可動域があります。いっぽうで、この広い可動域を持つために、損傷を起こし易い部分でもあるのです。そうした頸椎の損傷のうちの一つが、頸椎椎間板ヘルニアと言う疾患になります。頸椎椎間板ヘルニアが発生しますと、上肢を支配する神経の根元が、椎間板によって圧迫を受けます。そのため、首自体にも痛みが生じることがありますが、上肢のシビレや放散痛が起こるのが特徴です。特に、頸椎が伸展した時すなわち上を向いた時に、神経の根元がより圧迫を受けやすくなります。したがって頸椎椎間板ヘルニアでは、下を向いて頸椎を屈曲させると、症状が軽減されるのです。

注目の神経ブロック療法

こうした頸椎椎間板ヘルニアの治療法としては、保存療法と手術療法の2つの選択肢があります。このうち手術療法は、やはり最終的な治療法ですから、しっかりと保存療法を行うことが原則です。保存療法の方法には、神経にアプローチする方法がありまして、これが注目を浴びています。その一つの方法が、神経ブロック療法です。頸椎から上肢に向かう神経いうのは、上流から下流までの、川の流れのようになっています。神経ブロック療法は、そのいずれからの部分に治療を行うことで、症状の緩和を狙うのです。その代表的なものが、星状神経節ブロックになります。星状神経節ブロックは、前面から狙うと施行し易いために、神経ブロック療法でよく利用されます。