腰部脊柱管狭窄症には様々な原因がある~腰の痛みをミルミル改善~

腰痛

歩きづらかったら注意

腰の痛みに気を付ける

doctor

腰部脊柱管狭窄症は、腰周辺に痛みを伴う病気です。これに関しては、脊柱管という背中を通っている部位が周辺の部位の炎症などによって圧迫されることが原因で腰の痛みなどを発生させます。サインとしては歩いている際に腰をかがめて休憩すると痛みが和らいで歩くことが出来るようになるといったものが挙げられます。この症状は腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状であり、早い段階で病院に行くことで早く症状を改善させることが出来ます。お年寄りに特に多い病気であり、腰の痛みはあるものの休憩したら治るという状態を繰り返しているのであればこの腰部脊柱管狭窄症を疑いましょう。また、重いものを持ったりなどする、腰に負担のかかりやすい職業の人にもこの病気の人は多いです。

腰に負担をかけない

腰部脊柱管狭窄症は、若い人がかかる原因は腰への負担のかけ過ぎが挙げられます。そのため、重いものは無理して持たないで誰かに協力してもらうなどというようにすることで腰への負担を軽くすることが出来ます。猫背は一般的には良くないとされてはいますが、この腰部脊柱管狭窄症を患ってしまっている場合、無理に背筋を伸ばして立つように意識していると、痛みがひどくなってしまいます。それによって症状が悪化してしまうことも多いので、この点は注意するようにしましょう。この腰部脊柱管狭窄症は、手術を行わない場合が多いです。この場合の治療法に関しては、体幹を鍛える、簡単なストレッチを毎日継続して続けるなどといったリハビリ療法を取られることが多いです。